会社案内

  • ホーム
  • > 会社案内:各セクションの案内
  • 会社概要
  • 会社沿革
  • 代表挨拶
  • 各セクションの案内
  • アクセス
  • 採用情報

カクマル測量用材カタログ

カクマル測量用材カタログ

会社沿革

昭和35年5月1日

昭和50年05月 測量用木杭を福岡市内で販売開始
昭和50年10月 本社(別府3-17-17)工場を測量用材用に増改築
昭和51年03月 別府3-12-9に新社屋が完成し、本社を移転
昭和51年09月 プラスチック境界杭を販売開始
昭和52年03月 コンクリート境界杭を販売開始 (山口・九州全土へ販売エリアを拡張)
昭和55年06月 工場(別府3-17-17)を増改築
昭和60年05月 西日本一帯へ販売エリアを拡張(測量用材専門メーカーとなる)
昭和60年10月 工場(別府3-17-17)を全面改築
昭和63年06月 新社屋完成のため、(別府3-12-9)から(別府3-17-17)に本社を移転する
平成元年05月 販売エリアを東日本地区まで拡張する
平成04年05月 社名 角丸産業株式会社から、株式会社カクマルと改め曽根田馨が代表取締役となる
平成06年09月 松下電工(現パナソニック電工)の代理店契約を結ぶ
平成07年08月 大分営業所を大分県日田市に開設
平成11年10月 東京営業所を中央区勝どき5丁目に開設。販売エリアを、東北・北海道まで拡張する
平成11年12月 測量用材メーカーで、日本初 ISO9002を取得
平成13年02月 東京営業所が手狭になり、千代田区神田美土代町に移転
平成15年03月 測量用インテリジェント基準点を日本で初めて開発する (神戸三宮ランプミュージアム前に記念設置)
平成18年11月 福岡西方沖地震(平成17年3月)で本社屋が被災したため、増改築を行う
平成19年11月 ㈱大日本印刷(DNP)とICタグの業務提携を行う
平成22年05月 創業50周年を迎える
平成22年10月 測量用材メーカーで日本初「日本工業規格=JIS」を取得する
平成23年04月 平成23年3月11日発生の東日本大震災の影響により、東京営業所を千代田区神田美土代町から千代田区神田須田町に移転

昭和35年 創業当時の社屋
<1/22>

現在の本社社屋(中央のアンテナビル)
<2/22>

昭和61年 城南区役所基礎工事
<3/22>

現在の城南区役所
<4/22>

昭和35年頃 中村学園女子高校の後ろに福豊炭坑住宅がならんでいる
<5/22>

現在 別府4丁目より鳥飼方面を望む
<6/22>

昭和35年 県立福岡学園(少年院)
<7/22>

同じ位置に現在の中村学園大学が建っている
<8/22>

昭和35年 城西団地
<9/22>

現在の城西団地 すべてが建て変わった
<10/22>

昭和35年 旧国鉄筑肥線鳥飼駅での通勤通学風景。プラットホームが短かった
<11/22>

現在の城南保健所と城南区役所
<12/22>

昭和40年頃 豊臣秀吉 肥前名護屋へ行くまでの太閤道
<13/22>

現在の太閤道。前方の樹木が小さくなったが、道路はほとんど変わっていない
<14/22>

昭和35年頃 七隈四つ角より茶山方面を望む
<15/22>

現在の七隈四つ角。道幅が大きくなった
<16/22>

昭和35年頃 梅光園団地より油山を望む
<17/22>

現在の梅光園団地より油山を望む
<18/22>

昭和35年頃 中村学園女子高校よ屋上より荒江方面を望む
<19/22>

同位置より荒江方面を望む
<20/22>

昭和48年 別府陸橋より旧国鉄筑肥線鳥飼駅を望む
<21/22>

平成21年1月 別府陸橋より筑肥新道を望む
<22/22>

  • 会社概要
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 会社概要